顔のたるみを隠すメイク術!

顔のたるみが気になってしまうと、自分の顔に自信がなくなってしまいますよね。最近はデスクワークを長時間することが原因で、若い人でも顔のたるみに悩まされてしまうケースが多いそうです。
顔のたるみを解消するために色々なセルフケアの方法はありますが、改善されるまでには時間がかかりますよね。そこで、できるだけ顔のたるみが目立たないようにするメイク方法を紹介したいと思います。
■たるんで見える部分は隠す
たるんだ部分を隠すときには、やり過ぎに注意です。隠そう隠そうとしてしまうと逆に目立ってしまう可能性もあるので、物足りないくらいがちょうど良いかもしれません。
顔のたるみを隠すためには、影を付けるのが効果的です。顔に立体感をつくることで、たるんだ部分を目立たなくさせます。自分の肌の色よりも少し暗めのファンデーションを使いましょう。パウダーの方が自然に見えるのでおすすめです。
大きめのブラシで口元からあごの下あたりまでに影を入れ、最期にフェイスパウダーでぼかしましょう。
■メイクのポイントを上に持ってくる
メイクのポイントを上にもってくることで、下にたるんでしまった部分を目立たなくさせます。
おでこや鼻などにハイライトを入れて立体感をだすことで、たるみを目立たなくさせたり、チークを入れる部分をいつもより上にするのが効果的です。
■下がった口角をメイクで上げる
たるんだ口角を上にあげると、口元のたるみが目立たなくなります。
リップメイクで口角を上げると、表情も明るくなるのでおすすめです。
■メイクでたるみを隠して、生き生きとした表情に
自分のたるみが気になって、憂鬱な気分でいると、表情も暗くなりがちですが、メイクでたるみを隠すことができたら、自分に自信が持てて表情も明るくなりますよね。
たるみそのものを改善できるようなケアも大切ですが、自分らしく生活できるようにメイクの力を借りることも時には必要なのではないでしょうか。

関連する記事