顔のたるみには加齢以外の原因もある!

顔のたるみは一般的に年をとるとあらわれるものだと思われがちですが、実は加齢による原因だけではないんです。
たるみの加齢以外の原因にはどんなものがあるのか紹介したいと思います。
■紫外線による影響
紫外線はお肌の大敵ですよね。紫外線によって体内に生まれた活性酸素は、皮膚の奥の方にある、お肌の健康を保つ為の大切な成分のコラーゲンやエラスチン繊維を壊してしまいます。
紫外線の影響を強く受けてしまっていると、皮膚が弱ってハリがなくなり、まだ若いうちから皮膚の老化が始まってしまいます。これを、光老化現象と言います。
紫外線対策は、しみやそばかすを作らないようにするためだけでなく、顔をたるませないためにも大切だということですね。
■乾燥によるダメージ
たるみは乾燥によっても起こってしまいます。皮膚の細胞の中の水分量が減ってしまうと、お肌の状態は悪くなってしまいます。
バリア機能が低下するので、肌荒れを起こしたり、乾燥によるダメージはたくさんの肌トラブルを招きますよね。
たるみについても同じで、乾燥によってダメージを受けたお肌は、ハリや弾力性がなくなってしまうので、水分不足が続くとたるんでしまうのです。
■顔の老化を遅くすることがカギ
加齢以外にも顔の老化をすすめてしまう原因はいくつかあるということがわかりました。顔の皮膚がたるんでしまうのは、加齢が一番の原因ですが、年を取っていなくてもお肌にダメージを与えれば与えるほど肌年齢は実年齢よりも先に老化していってしまいます。
大事なのは顔の老化をできるかぎり遅くするということです。紫外線や乾燥による悪影響をできる限り減らし、顔の筋肉をマッサージやエクササイズなどで鍛えておくと、肌年齢を若いまま保つことも十分可能です。
顔の老化スピードを遅らせて、顔のたるみを防ぎましょう。

関連する記事