なぜ年を取るとお肌がたるんでしまうのか

顔のお肌かたるんできたなぁと感じたら、それは年齢肌のサインかもしれません。目の下や口元がたるむと、一気に老け込んで見えますよね。
なぜ年を取るとお肌がたるんでしまうのでしょうか。
■お肌の再生力が弱まっているから
若いころのお肌は、28日周期で再生しています。これをお肌のターンオーバーと言います。お肌のターンオーバーが若い時のまま、28日周期で促されていれば、お肌はハリを維持することができるので、たるむことはあまりありません。
でも年をとればとるほど、ターンオーバーは遅れていってしまうことがわかっています。だから、古くなったお肌はだんだん元気をなくしていって、はりのないたるんだお肌になってしまうのです。再生が追い付かないということですね。
お肌のターンオーバーが遅れてしまうのは仕方ありません。でも、基本的生活習慣を正しくすることや、スキンケア商品の見直しなどでターンオーバーを活発にするサポートはできます。お肌のたるみを感じたら、ターンオーバーに働きかけるのが一番効果的なのです。
■お肌の水分量が減ってしまっているから
加齢ともにお肌がたるんでしまうもう一つの理由に、お肌の水分量が減ってしまうということが考えられます。お肌にとって必要なコラーゲンなどの成分を作り出す機能が年齢共に弱ってしまうことが原因です。
お肌の水分量が減ってしまうと、お肌はハリを無くしてしまいますよね。ハリがなくなったお肌はたるみ、乾燥してしわになってしまうこともあります。恐ろしいですよね・・・。
だから、年齢を重ねたお肌には、保湿ケアがとても重要なのです。水分をお肌に与えるだけでなく、保持できるような成分のスキンケア商品をおすすめします。
■お肌のたるみを解消したいならスキンケア商品の見直しは必須!
年齢とともに顔のお肌がたるんでしまうのは仕方のないことですが、スキンケアに気を付ければ改善することもできるはずです。
ターンオーバーを活発にしたり、水分量を増やしてくれるようなスキンケア商品を使用しましょう。

関連する記事